高圧ガス・エコエネルギー・介護 TEL 0983-21-4321

炭酸ガス・ドライアイス

身近な炭酸ガス

近頃はハイボ-ル(ウィスキーの炭酸割り)が人気のようですが、仕事の後のビールや汗をかいた後の炭酸飲料を好む方は多いと思います。
人類は昔から炭酸ガスを含む鉱泉を温泉療法として利用したり、自然の炭酸水を愛飲してきました。適量の炭酸ガスが実は、神経などの細胞バランスの回復や胃の不調を正す効果があることを体験的に知っていたからではないでしょうか。

炭酸ガスと溶接は切れない仲

金属のアーク溶接を行う時、溶接部に「空気」が触れることは最も良くない事です。なぜなら酸素や水分などが溶接部を酸化させてしまったり、気泡ができてしまうからです。
そこで、溶接部に二酸化炭素を吹き付け空気を遮断してしまう方法を取り、炭酸ガス溶接と呼ばれます。

産業排水や工事現場の濁水をきれいにしてます。

クリーニング洗浄や酒・醤油ビンのリサイクルでの洗ビンの排水。工事現場での濁水などはアルカリ性の場合が多く、硫酸や塩酸を使う方法に比べて二酸化炭素を使って中和する方が2次公害の心配がなく手軽に確実にできるのです。

固体の炭酸ガス=ドライアイス

ドライアイスと呼ばれているものは、固体の炭酸ガスのこと。いろいろな物を冷却したり、お湯で気化させてイベントの演出効果の使ったりするのはよく目にします。
氷と異なり水分を出さない、無色、無臭、無毒、バクテリアの繁殖を防ぐなど利点が多く、食品の冷却や低温輸送に威力を発揮します。

柿の渋が抜けておいしくなる! ?

ご自宅になっている渋柿を手軽においしく食べてみませんか?
温湯やアルコールで渋を抜く方法もありますが、ドライアイスを使うと安くて、確実にあわせ柿を作ることができます。ダンボール箱の中にナイロン袋を入れ、袋の中にできるだけ”すき間”を作らないように柿を入ます。次に柿の上に新聞紙で包んだドライアイスを入れ袋の空気を抜きます。そして、袋の口を固く閉じる。袋がだんだんふくらんできます。
4~5日で甘い柿の完成です。

産みたてタマゴの鮮度を維持する

タマゴの黄身は時間が経つに連れ平らになって行きます。これは黄身を包む卵白が弱まっていくためです。もともと、卵白には炭酸ガスが含まれていますが、卵殻を通して呼吸しているタマゴに炭酸ガスを与えると、代謝が低く抑えられ鮮度が3~4日(室温で)も長持ちします。
実際にタマゴにどのくらい炭酸ガスを与えるか、ということを業務で知りたい方はメールでご連絡ください。

人工的に光合成を促進します

植物における光合成とは炭酸ガスと水分を吸収して、有機化合物と酸素を作り出すことです。
温室栽培では光合成による消費で炭酸ガスの不足が起きてしまいがちです。炭酸ガスが不足すると植物は元気に育たなくなってしまいます。しかし、空気中の炭酸ガス濃度を測定する事は難しく、不足しているのかどうかなんて中々分かる物ではありません。しかし、ハウスの中に強制的に炭酸ガスを放出する事で果実や野菜、蘭などの花が元気に短期間で育つというデータが日々積み重ねられています。

PAGETOP